山口市で瓦そば

瓦そば!

山口県の郷土料理であり、B級グルメでもある名物「瓦そば」
下関が有名ですが、山口市の長州苑でも食べられます。
長州苑は、国宝「瑠璃光寺五重塔」のすぐそばなので、観光のついでにもおすすめ!

「瑠璃光寺五重塔」 国宝であり、日本三大名塔のひとつ

長州苑【香山】の瓦そばメニュー

・瓦そば 1080円(税込)
・瓦そば+むすび・お漬物セット 1330円(税込)
・瓦そば+ドリンクセット 1330円(税込)
・瓦そば+ミニクレミアセット 1430円(税込)
・瓦そば+むすび・お漬物+天ぷらセット 1750円(税込)
・瓦そば+むすび・お漬物+天ぷら+ドリンクセット 2000円(税込)
※ドリンクは、コーヒー または オレンジジュース

瓦そばの食べ方

(瓦には絶対に触れないでくださいね。ヤケドします!)
まず、特製つけダシに、瓦の上に乗っているレモン紅葉おろしを加えて、お好みの味に調整します。
長州苑では、茶そばにしっかり火を通した状態でお出しいたしますので、すぐにつけダシにつけながら召し上がっていただけるのですが、アツアツの瓦の上で、茶そばと具をしっかり焼き上げて、香ばしくなったところでいただくのがおすすめです!音と香りも同時に楽しめますよ!

瓦そばの由来

瓦そばの由来をご存知ですか?
明治10年、新幕府軍と、西郷隆盛率いる旧薩摩藩士族の戦い、西南戦争が起こりました。熊本城を囲む薩摩軍の兵士が、野戦の合間に瓦を使って野草や肉を食べたというお話をヒントに生まれたと言われています。